佐世保周辺にはいくつもの窯元がありますが、

「でばた」がお取り扱いさせていただいているものは「有田焼」と「波佐見焼」です。

 

有田焼は長崎県のお隣、佐賀県有田町周辺の地域の窯元で作られています。

有田焼が生まれたのは今から400年以上前のことです。

秀吉の朝鮮出兵の折に連行された韓国人陶工「李参平」が

有田の地に良質の磁石鉱を発見し、ここに窯を築いたのが

日本磁器のあけぼのと伝えられています。

 

その後鍋島藩の有田郷を中心とした陶磁器産業が定着、発展し、

現在の「有田焼」の名声へと続いております。

 

一方波佐見は佐世保市から車で30分ほどの隣町「波佐見町」の窯元で作られています。

波佐見焼は、李参平と同じくして日本に来た「李祐慶」が

李参平が有田の地に窯を築いたとほぼ同じくして

波佐見村で最大級の登り窯を築き、磁器の生産を始めました。

 

それから有田は鍋島藩の支援を受け、徳川家への献上品を作り、

波佐見は大村藩の支援を受け、主に日用食器の生産を続けてきました。

 

1650年代になると、日本の陶磁器は東インド会社の手によってヨーロッパの地へ輸出され、

IMARI」と呼ばれました。

これらは有田の物と一緒に波佐見の物も多く含まれていたようです。

2000年頃になって、産地を明確に標記することが指導されるようになり、

 

波佐見町の窯は「有田」とは別に、新たに「波佐見焼」の名称で別の道を歩むこととなったのです。

 

波佐見焼 筒山太一窯 福田智一作

内ビードロ渕桜 三角茶碗